絶賛はまり中

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

11月も残り僅かになりました。

そして月末の忙しい時期に豆の入れ替えが集中してしまいました。しかも絶賛はまり中。

12月の初旬にはコスタリカの2種のリリース。これはすんなり合格です。

問題は冬のフレンチ。この深深煎りは新豆のケニアを使用してキラキラした12月から極寒の2月末までリリースする長期販売のブレンドです。

ケニアの良さを生かしてプラスアルファの美味しさがなくてはなりません。

隠し味でケニアを使うのか、ケニアの豆をメインで味を組み立てるのか。

それにより販売価格も変わります。あまり高くしたくは無い。が、ケニアを使うので安くは出来ない。

そしてケニアのブレンドは難しい。ケニア自体で完成されている味なので、より良い味わいに仕上げるのはゼロから考え直さねばなりません。

どうしてもエスプレッソをお湯で薄めたような、メイプルシロップに水あめで薄めたような水っぽくすっぽ抜けた味わいになってしまいます。

濃密な味わいのケニアの豆をもう少し軽やかに仕上げたいのだが。

赤い果実を濃縮したようなエスプレッソに、レモンのピールを浮かべたような風味。

今のところ何も足さないのが一番良い。

お湯の温度を若干低めにしたり、1週間くらい冷暗所に保存すれば落ち着き美味しいのですがね。

そんな面倒な事をしなくても、誰でも簡単にコーヒーメーカーで美味しく淹れられるコーヒーを目指しています。

無理にケニアの豆をメインに使用して、ケニアの下位互換のブレンドを作るくらいならやらないほうがよっぽどいい。

過去のブレンドレシピを見返しても、ケニアをブレンドに使うことは多くてもメインに押し出した事は多く無い。

どうしても安定性に欠ける。何か乳化剤のような豆があれば綺麗に安定して纏まるのだがね。コーヒーは難しくて面白くて何年やってもわからない。

アナエロビック ファーメンテーション

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

各地で雨の被害のニュースが聞かれるようになりました。

被災された方々には心からお見舞い申し上げるとともに、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

今日は台風の影響かちょっぴり過ごしやすい気温でした。

このくらいの暑さだと水出しアイスバッグの売れ行きが好調です。

これ以上暑いと、皆さんエアコンをガンガンかけて涼しい部屋でホットコーヒーを飲む方が増えます。

もちろん、暑い日にお湯を沸かすのも面倒なので、冷たいものしか飲まない人も少なくないでしょうが今年は特にホット用のコーヒーが多く出ます。

目新しいイエメンの売れ行きが好調です。8月末までには無くなる勢いです。

イエメン_ハラーズ地区_イエメニア種

イエメン_ハラーズ地区_イエメニア種

高額で誰が買うのかな?と思いましたが、買うであろうと思うお客様が大量に買われ、マニアの人と言うよりは女性のお客様も多く購入して頂いており、イケメンの影響か高額なので飲んでみたいという好奇心なのか。

イエメンが無くなったら、趣味でチョロット買ったホンジュラスのアナエロビックでもリリースしようかと思います。

何だか成人向けのネーミングですが、アナエロビック ファーメンテーション(Anaerobic fermentation)と言います。

コーヒーチェリーをタンクなどにつめ、酸素をなくした状態で発酵させる嫌気発酵させる工程で仕上げています。

ネットで販売するほどの量も無いので、こっそり焙煎して無くなり次第終了の予定です。

イエメンやコスタリカのサンタテレサSL28とか面白いと思って頂ける変態向きです。気になる方はお申し出ください。

数年前からこの嫌気発酵だったりラム、酒のオーク樽でエイジングしたコーヒー等が新たにリリースされ各国で香味の差別化をはかっています。

どうしようもない出来損ないも散見されますが、まだ始まったばかりですし批判ばっかりではいけません。

個人的には正々堂々と作ったコーヒーのほうがより感動しますが、一人じゃ飲みきれないけど大々的に売るほど量がないアナエロビック売ります。

このような場合は、超希少コーヒー入荷!とか幻のコーヒー入荷!と言えば良いのでしょうがね。

禁断!!水出しアイスバッグ

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

8月に入り暑さが増すようの予報が出ております。

熱中症気を付けてください!

私はあわや死にそうになったので、痙攣してきたら即安静にしてください。

まぁ、暑さで痙攣するような仕事をしてる人も多くは無いと思いますが。

アイスコーヒーの美味しく感じる季節ですが、当店の売り上げの割合では15%弱。

皆さんホットコーヒーを楽しまれるのです。

私も大半はホットコーヒーを飲みます。(焙煎した全ての豆をチェックするので)

試飲用のコーヒーで少し古くなったコーヒーは社長と私が飲むことになります。

ホットも良いけどアイスコーヒーも良いよね!

と言う訳で、夏でもホット派の私が飲みたい新しいアイスコーヒーを作りました。

一般的なアイスコーヒーは苦いくて炭臭くて旨味の無い薄ーいアイスコーヒーが多いですが、甘さや旨味がありフルーティーなアイスコーヒーです。

夏でもホット派の方も、ホットとは違う楽しみがあると思います。是非一度お試しください!

エチオピア_ナチュラル

エチオピア・イルガチェフェのナチュラル販売開始です!

農地はイルガチェフェエリアの中でも優れたカップを作り出すウォルカ・ウオッシングステーション。

このステーションに持ち込まれるの農家の中で標高の高い「ハロハディ集落」の豆のみを使用し丁寧にナチュラル精製致しました。

人気のアダメ・マゾリョ集落とは隣接した集落になり勝るとも劣らない最高エリアになります。

豆を挽いた瞬間から、ナチュラルらしい白い花を思わせる甘い香りと、桃やアプリコット、マスカット、プラム、ベリー等々完熟した甘い香りが巧みに融合し、素晴らしい香りを感じることが出来ます。

その複雑で豊かな香りと甘さ。口に含んだ瞬間から舌に軽く感じる酸味と角の無いまろやかな苦味は、心地よい余韻となって長く長く続きます。

「ナチュラル」とは、コーヒーの赤い実を付けたまま乾燥させ、その後脱穀をする精製方法の事です。果肉の糖分が豆に浸透し、ナチュラル精製ならではの独特の香味が作り出されます。

手摘みされた完熟のチェリーはウォッシングステーションに持ち込まれた後、更にしっかりと完熟したチェリーのみを選別し、ミル内にあるアフリカンベッドで約20日乾燥させます。
天日でじっくりと乾燥したチェリーはアジス・アベバにあるドライミル工場にて、脱殻・異物除去・スクリーン(大きさ)選別・比重選別・色別センサーによる電子選別・ハンドピックが行われます。

梱包は穀物専用のグレインパックに入れられ、麻袋で梱包されリーファーコンテナ(定温船)で日本に入港しそのまま定温倉庫に保存されます。

栽培から収穫、精製まで丁寧に仕上げられ、個性豊かな味わいのコーヒーです。是非お試しください!

生産者:Worka Washing Station ハロハディ集落の農家
所在: 南部諸民族州 ゲデオ・ゾーン ゲデブ・ウォレダ ウォルカ
標高:周辺農家約2,250m
品種:在来品種
精製:ナチュラル
収穫:手摘み、収穫後更にハンドソーティング
乾燥:棚干し天日乾燥
輸送:リーファーコンテナ
保管:国内定温倉庫
販売日:2022.05.13

メール問題解消

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

メールの移転作業で自作自演の大混乱も無事終わり、いつもの日常に戻ってきました。

これからは、誤字脱字に倒置法や古文・現文をおりまぜならな、3行で済む内容を10行くらい使って無駄なデータと余計な時間を読者に使わせようと思います。

文章だけ読んでると、20歳代位に思えるような若々しい50歳になれれば幸いです。(稚拙な文なだけだろう!)

さて、今後はご注文時の文字化けを少しでも解消出来るように文字コードを、Shift-JISからUTF-8に変更です。

カート内のCGIの新しいモノに入れ替えしてもらってます。

その後、落ち着いたらセキュリティも考慮してhttpからhttpsへの変更と予定いたしております。

大半のお客様には何も変わらないのですが、これが終われば一安心です。

あとは、年末にインボイス制度(適格請求書発行事業者)の対応ですかね。

一応、対応のテンプレートを作ったので登録業者の申し込みのみです。

インボイスは大不況になると思うのですが、延期とかは無いのでしょうかね。