コロンビア_ルイス・ブルゴス

今回ご紹介しますコロンビアは、ナリーニョ県エル・タンボ市にあるエル・セドラール農園です。

ナリーニョ県は太平洋と赤道に沿ったコロンビア南西部に位置し、その特別な地理的恩恵を授かっています。

北緯1度というほぼ赤道直下にあるため、コーヒーの生育に必要な日射量と、良い植物を生み出す栄養をたっぷりと備えた火山性の肥沃な土壌であることも特長です。

ナリーニョ県のコーヒー栽培の最大標高は2,300m。通常は栽培はおろか発芽すら不可能とされるほどの高地になります。

この奇跡の地域は、日中の日射が峡谷や深い谷の底に蓄積熱として溜まり、夜に上昇して山の高い部分の寒さを和らげるのです。

谷底から立ち上がる暖かく湿った空気のおかげで霜害のリスクが少なく、コーヒーにとって最も理想的な寒暖差の中で育つため、コーヒーの実は自ら糖分を溜め込み、結果として角のない心地よい酸味と豊かな甘さを含むコーヒーができます。

険しい山の斜面で育ち、すべて手作業で収穫から乾燥までの処理されたコーヒーは、完熟したラズベリーや赤ワインを思わせる果実味のある香りに、プラムやドライフルーツのような厚みのあるコクと甘さ。舌に吸い付くような滑らかな口当たりが楽しめ、豊かなコクに透明感があり心地よい余韻を感じられる素晴らしいコーヒーです。是非一度お試しください。

地域:ナリーニョ県エル・タンボ市
農園名:エル・セドラール
生産者:ルイス・ブルゴス
標高:1,750-1,950m
品種:コロンビアF6
栽培品種:カスティージョ、コロンビア、カトゥーラ、ティピカ
精製:フリーウォッシュト
乾燥:天日乾燥
輸送:リーファーコンテナ
パッケージ:麻袋+グレインプロ(穀物専用のインナーバッグ)
保管:国内定温倉庫
販売日:2022.04.08

ご注文はこちらから ⇒ 中煎り 深煎り

コロンビア

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

季節のブレンドchocolateに続き、コロンビアはノルテデサンタンデール地区のトレド 深煎りをリリース致しました。

非常に素直な味わいで何にでも使える豆なので、福袋限定ブレンドの七福を始め、ほろにがブレンドやまろやかブレンド等多くのブレンドで使用しており気が付いたら在庫の残り僅か。

1.2ヶ月で終売予定で、その次はトリマ地区のエルホルダンを予定しております。

ペールの生豆が入荷しましたので、2月の初旬にはリリース予定です。

ルワンダも入荷しましたが、これが過去入荷した商品の中でもトップレベルの出来でニンマリしてます。

ルワンダの傾向はミディアムボディで繊細でデリケートな部分が魅力だが分かりにくい。

「分かるかんぁ?分かんねえだろおうなぁ」的な部分もあるのですが、今回は分かりやすい甘さがあります。

ルワンダと言うよりはブルンジっぽい感じでボディが豊かでグラマラスなシルエットです。

ざっくりと言うとエチオピア人とケニア人くらいの見た目の違いです。

「分かるかんぁ?分かんねえだろおうなぁ」的な部分なのですが、今年のルワンダはお気に入りなのでお楽しみに!

煎り具合は中煎りから深煎りまで出来そうなので、様子をみながらいろんなローストをチャレンジしてみようと思います。

やる事リスト

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

今日は風があるものの日差しが暖かくのら仕事日和です。今年の秋も暖かく過ごしやすいですね。

さて。午後からはデスクワークです。

今後の予定を纏めて効率よく進めなければなりません。日記件やる事リストの書きだし。

まずは、コロンビア・アルトデトパ農園 深煎りは今週中。

グアテマラは同じアンティグアのトラベシア農園も今週中。

冬のフレンチも今週中。

来週の末にはコロンビア・サンフランシスコ農園 中深煎り

コロンビアの中煎りはトレド・ラバティカ地区の豆に変更。

ケニアも来週か再来週にはリリース。

webのページを作って、ほろにが便りと価格表を書き直してラベルを作って店用のpopを作って袋にラベルを貼って。

コロンビア、グアテマラ、フレンチと一気に作りますか。

web作りで10時間ですかね。金曜日からリリース目標です。

今日は社長が居ないので息子の晩御飯も作ります。

コロンビア

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

気が付くともうお盆ですね!

来客のお客様のお話では9~10連休と長いお盆休みの方が多いです。

ちなみに当店の2連休とは名ばかりで休むのは店のエアコンと社長くらいだ。

だいたい2連休になり俺の仕事は増える一方だ。困った。

働いても働いても仕事が減らず、いつになったら暇になるのか。イヤ、暇になったら余計にストレスが増えるのだろうか。仕事があるのは有難いのだ。

仕事は頑張ってやりたいので、だれか俺を助けてくれるヘルパーさんが欲しい。雑用が多いので気がひけるがやることが山積してもうどうしようもない。

さて。コロンビアの新豆をリリースする準備に入りました。8月の17日あたりがリリース予定です。

農園のデータや地理、歴史や産業などもいろいろ調べて農園の紹介文を作っていきます。

大量のデータを集めてそれを集約して分かりやすく魅力的に紹介するには、相当な時間がかかる。

このような才能は全くない。これを接客をしながらやるもんだから本当に効率が悪い。

脳みその回転の悪さは遺伝なのであまり期待はしない。が、もう少し要領よくテキパキと頭が回転しないか。情けなくなる。

さて。この農地はコロンビアでもっとも活発な火山のガレラス火山近郊にあります。近年また活動が活発で心配な地域でもあります。

太平洋と赤道に沿ったコロンビア南西部に位置し、北緯1度というほぼ赤道直下。エクアドルの国境付近にあります。

ちなみにペルーとコロンビアに挟まれるエクアドルは、あまりコーヒーの生産量は多くない。

コロンビアコーヒーの100分の1くらいの生産量になる。主な産業は石油であり、その他バナナ、カカオ、コーヒー、花等々。

当然、ポテンシャルは高いであろう。あとはヤル気とやり方だけでエクアドルのコーヒーは飛躍的に生産量もクオリティーも安定性もアップするだろう。今後楽しみだ。

そうだ今回はコロンビアのコーヒーだった。。。今年は沢山のコロンビアをご紹介する予定です。

ただ、新しい産地はご紹介するまでに時間がかかる。難しいね!

ダスキンの「家事おてつだいサービス」というのがよさそうだと以前から計画している。2時間で6,480円。時給3000円以上とは高いと思うけど、いろいろ考えれば妥当な金額かなぁ。

日記書いてる暇があったら家の掃除くらいは自分で出来そうだけど。。。

田舎なので家政婦さんとかもなかなか見つけづらいよね。需要はあると思うけど。あとは金額かな。

Photo:コロンビア・ルイス・ブルゴス

地域:ナリーニョ県エル・タンボ市
農園名:エル・セドラール
生産者:ルイス・ブルゴス
標高:1,750-1,950m
品種:コロンビアF6
栽培品種:カスティージョ、コロンビア、カトゥーラ、ティピカ
精製:フリーウォッシュト
乾燥:天日乾燥
輸送:リーファーコンテナ
パッケージ:麻袋+グレインプロ(穀物専用のインナーバッグ)
保管:国内定温倉庫