珈琲工房 ほろにがへこうこそ! 栃木県小山市の自家焙煎店 珈琲工房 ほろにが 栃木県小山市卒島824
TEL/FAX 0285-37-1143
 トップページ Top  インフォメーション Information  ネットショップ Net Shop  ブログ Blog  メールマガジン Melmaga  よくある質問 FAQ  サイトマップ Site Map
トップページ
初回限定 お試しセット
プロが選ぶ旬なコーヒーセット
お任せセットプレミアム登場!
人気のお任せセットのハーフサイズ♪
Link
Link
トップレベルのスペシャルティコーヒーを!
世界に一つ。ほろにがの贅沢ブレンド
Link
Link
ドリップバッグ
飲み比べ
夏季限定商品です。
Link
Link
ありがとうの気持ちを伝えてみませんか?
あれば便利♪オススメ器具とグッズの紹介!
手作りグッズ
簡単楽しいコーヒーセミナー
Link
Link
お店の紹介です!
日々の出来事を感じるままに。
コーヒー情報館
メールマガジン-ほろにが通信
毎月チャンスのコーヒープレゼント
Link
Link
JYMBO!CLUB
フォトギャラリー
特定商取引表示
送料&梱包など
Link
Link
お役立ちコーヒーリンク集
お問合せ
Link
Link

RSS1.0 | RSS2.0 | ATOM





ケニア/カイナムイ (中深煎り) 

今回ご紹介致しますのは、コーヒーの名産地で名高いニエリとエンブ、2つの地区に挟まれた場所にあり、ケニア山の南麓に位置するキリニャガ地区にあるカイナムイ・ファクトリーです。

設立は1964年と非常に歴史のあるファクトリーでもあります。

標高は1,460-1,750mと高地で栽培され、品種はケニアでの栽培に適しているSL28・SL34です。

精製は伝統的なフリーウォッシュト精製で、アフリカンベッドと呼ばれる棚の上でじっくりと天日乾燥致しました。

挽いた時の香りは、プラムにピーチにラズベリーのような赤く熟した果実のようです。ひとたびお湯を注ぐと、豊かな香りは花や甘いスパイス、ブドウやネーブルオレンジなど、実にさまざまなニュアンスの香りで溢れてきます!

また、やや冷めてくると、マンダリンオレンジやユズやパイナップルのような柑橘やエステル香も魅力的です。

時間の経過に伴って、刻一刻と味わいが移り行くのを、じっくりと味わい楽しんで頂きたいコーヒーです。

ケニアコーヒーの良さを最大限楽しんで頂けるように真空パックにて梱包し、リーファーコンテナ(定温船)にて輸送しました。是非一度お試しください。

ケニア/カイナムイ (中深煎り) 



 100g / 780円(税込)
00g
 1目瞭然! ひとで分かる香味表!
酸味 ★★★★★★★★★★ オレンジやゆず、ラズベリーのような酸味
苦味 ★★★★★★★★★★ 甘く優しく心地よい苦味
香り ★★★★★★★★★ プラム、花、甘いスパイス、ラズベリーのような香り
コク ★★★★★★★★ ケニアらしい濃縮感のある芳醇なコク
後味 ★★★★★★★★★☆ 持続性のあるフルーツのような甘い余韻


生産者:カイナムイ・ファクトリー 所属の小農家
所属農協:New Ngariama農協
設立:1964年設立・稼働
所在:中央州キリニャガ県東部Gichugu地区Ngariama
標高:1,460-1,750m
栽培面積:763.2ha、400,993本(2010-2011時)
雨期:長い雨期3-6月、短い雨期10-12月
収穫期:メインクロップ10-1月(全体の70%)
シェード:グラビレア、ユーカリ、畑の周りに風除けとしてマカダミアナッツ
他の産物:茶、トウモロコシ、バナナ、マカダミア、畜産など

楽しみ方
ドリップ、コーヒープレス、サイフォン、パーコレーター、エスプレッソ等で美味しく飲んで頂けます。

コーヒーの木 SL28、Ruiru 11
■マスターの能書き■
ケニア共和国は高地産のマイルドアラビカ生産国をリードしていますが、生産は1987/88年度の215万袋を頂点として、2003/04年度までは減産が続いています。

しかし政府の改革努力もあり、好天候と相場回復に支えられて、2004/05年度には110万袋まで戻っており、2005/06年度も100万袋以上の生産維持が期待。

2006年9月からは輸出業者が、従来の中央でのオークションを経由せずに、農家から直接生豆購入が可能になり、農民にとっては恩恵となる筈だが、ケニアでは何十年も中央オークションが採用されてきており、4年前からの輸出自由化後も、オークション制度での取引が一般的であります。
一般事情
1.面積 58.3万km2(日本の約1.5倍)
2.人口 3,240万人(2004年:世銀)
3.首都 ナイロビ(Nairobi)(220万人)
4.住民 キクユ人、ルヒヤ人、カレンジン人、ルオ人等
5.言語 スワヒリ語、英語
6.宗教 伝統宗教、キリスト教、イスラム教
7.国祭日 12月12日(独立記念日)
8.略史 1963年 英国から独立
1964年 共和制移行(ケニヤッタ大統領)
1978年 モイ大統領就任(83、88、92、97年に再選)
1982年 ケニア・アフリカ人国民同盟(KANU)による一党制法制化
1991年 複数政党制再導入
2002年 総選挙。キバキが第三代大統領に(任期5年)


<<前のページにもどる


△このページのトップへ