珈琲工房 ほろにがへこうこそ! 栃木県小山市の自家焙煎店 珈琲工房 ほろにが 栃木県小山市卒島824
TEL/FAX 0285-37-1143
 トップページ Top  インフォメーション Information  ネットショップ Net Shop  ブログ Blog  メールマガジン Melmaga  よくある質問 FAQ  サイトマップ Site Map
トップページ
初回限定 お試しセット
プロが選ぶ旬なコーヒーセット
お任せセットプレミアム登場!
人気のお任せセットのハーフサイズ♪
Link
Link
トップレベルのスペシャルティコーヒーを!
世界に一つ。ほろにがの贅沢ブレンド
Link
Link
ドリップバッグ
飲み比べ
夏季限定商品です。
Link
Link
ありがとうの気持ちを伝えてみませんか?
あれば便利♪オススメ器具とグッズの紹介!
手作りグッズ
簡単楽しいコーヒーセミナー
Link
Link
お店の紹介です!
日々の出来事を感じるままに。
コーヒー情報館
メールマガジン-ほろにが通信
毎月チャンスのコーヒープレゼント
Link
Link
JYMBO!CLUB
フォトギャラリー
特定商取引表示
送料&梱包など
Link
Link
お役立ちコーヒーリンク集
お問合せ
Link
Link

RSS1.0 | RSS2.0 | ATOM






グアテマラ/サンタカタリーナ農園 (中深煎り)

おなじみジェヌイアンティグア地方の極上品サンタカタリーナ農園が入荷しました!通年素晴らしい香味のコーヒーを提供してくださる、非常に心強いパートナー農園です。

今回のロットは、サンタカタリーナは森林区画も含め42区画に分け管理されておりますが、その中でグランリザーブとして販売されるCampament, montana区画を除いた1,600m以上に位置する19のブルボン区画で構成したHAB規格となります。

※HABは High Altitude Bourbon の略

アンティグア近郊は3つの火山に囲まれ、グアテマラでも最良のコーヒーが取れる産地として知られています。

サンタカタリーナ農園はアカテナンゴ山の斜面に位置し、標高1600〜2000mとアンティグア近郊で最も標高の高い農園のひとつです。

園内はGPSを利用してきちんと区画されており、区画毎に名前がついています。

管理者であるペドロ氏は伝統的製法の理念を明確に持ち、「最高のコーヒーは種から始まる」との考えから、苗木の段階から一貫して栽培しております。

2007年、アンティグアのAPCA(アンティグア生産者組合)のコンテストで優勝し、名実ともにこのエリア最高峰の農園となりました。

典型的な火山灰土壌を有する農園のほぼ中央から上のエリアがブルボン種。下のエリアがカツーラ種を植えており、今回はブルボン種100%のご紹介です。

寒暖差のある斜面で元気に育てられたコーヒーは、硬く実がしまり豊かなコクと香りが楽しめます。
 一口含むと深く強い香りがあり、柔らかくかつ深みのある特徴的な香味が味わえます。

オレンジや花のような爽やかで甘い香りに、フレッシュなフルーツのような活き活きとした酸。ハチミツのような滑らかで豊かなコクと甘味。クセが無く何杯でも飲みたくなるようなバランスの良いコーヒーです。

特質すべきは切れがよく綺麗な後味。アンティグア地区の特徴をよく表現してあるコーヒーです。是非この機会にお楽しみください!

グアテマラ/サンタカタリーナ農園 (中深煎り)



 100g / 680円(税込)
00g

 1目瞭然! ひとで分かる香味表!
酸味 ★★★★★★★★★★ オレンジのような爽やかな酸味
苦味 ★★★★★★★★★★ 口の中に広がるやさしく甘みを伴った苦味
香り ★★★★★★★★★★ 柔らかで甘く芳ばしい香り
コク ★★★★★★★★★★ 濃密で豊かなコク
後味 ★★★★★★★★★★ 透明感がありスッキリとした後味

アンティグア地区の中でも極めて標高が高い位置にあるサンタカタリーナ農園です。農園の特徴としては、グラビレアとチャルーンという2種類のシェイドツリーが等間隔で綺麗に植えら、強い日差しと風除けを行っています。

農園のほぼ中央から上のエリアがブルボン種。下のエリアがカツーラ種が植えられており、今回はブルボン種100%のオーダーメードです。農園主ペドロ氏曰く、今年の豆は12年物の木から多く収穫されたとのことでした。

最高のコーヒーは種から始まる。苗木はきちんと整理され棚で品種別に別けられ、13〜14ヶ月間こちらで育てられてから農園の方に移植されます。

もちろんリーファーコンテナ輸送・定温倉庫管理にて、1年間最高のコンディションでお届け致します。

楽しみ方
ドリップ、コーヒープレス、サイフォン、パーコレーター等で美味しく飲んで頂けます。




<<前のページにもどる


△このページのトップへ