珈琲工房 ほろにがへこうこそ! 珈琲工房 ほろにが 栃木県小山市 栃木県小山市卒島824
TEL/FAX 0285-37-1143
 トップページ Top  インフォメーション Information  ネットショップ Net Shop  ブログ Blog  メールマガジン Melmaga  よくある質問 FAQ  サイトマップ Site Map
トップページ
初回限定 お試しセット
プロが選ぶ旬なコーヒーセット
お任せセットプレミアム登場!
人気のお任せセットのハーフサイズ♪
Link
Link
トップレベルのスペシャルティコーヒーを!
世界に一つ。ほろにがの贅沢ブレンド
Link
Link
ドリップバッグ
飲み比べ
夏季限定商品です。
Link
Link
ありがとうの気持ちを伝えてみませんか?
あれば便利♪オススメ器具とグッズの紹介!
手作りグッズ
簡単楽しいコーヒーセミナー
Link
Link
お店の紹介です!
日々の出来事を感じるままに。
コーヒー情報館
メールマガジン-ほろにが通信
毎月チャンスのコーヒープレゼント
Link
Link
JYMBO!CLUB
フォトギャラリー
特定商取引表示
送料&梱包など
Link
Link
お役立ちコーヒーリンク集
お問合せ
Link
Link

RSS1.0 | RSS2.0 | ATOM







コスタリカ / ジャサル (中深煎り)

コスタリカのサン・ホセ州レオンコルテス市サンパブロにある生まれたてのコーヒー農園「ジャサル」入荷致しました。

この農園は標高2,050〜2,100mとかなりの高地にあり、コーヒーの栽培は非常に困難と考えられていたため、森林と牧草地にアボガド栽培が行われておりました。

ところが、農園主のエミリオ氏のコーヒー栽培への想いは強く、この地にコーヒーを植えることを決断しました。

理由は、エミリオ氏は他のエリアでコーヒーの生産をしていたものの、そのコーヒーは父が植えてきたもので自分が始めたものではなかったこと。

新たにコーヒーを植えるところから自分で生産をしてみたい!そして、今までにない環境でコーヒー栽培にトライすることで、最高のコーヒーが作れるのではという期待があったからです。

2012年にコーヒーの苗木・カツアイ種を1,000本植栽しましたが、半分近くの400本はすぐに枯れてしまいました。

2013年、2014年には再度、カツアイ種を16,000本、そしてブルボン種の突然変異でコスタリカの一部でのみ栽培されているビジャサルチ種を4,000本とさらに植え続けました。

ビジャサルチ種については、植樹した4000本のうち半分以上枯れてしまったので、更に2500本追加で植えたそうです。

予想はしていたものの、過酷な環境ゆえ幼い苗木はうまく育たず、年間に半数近くが枯れる結果となりました。

家族の反対を押し切り、多額の融資を受けながらもエミリオ氏はコーヒー栽培を続け、僅かながら念願のコーヒー豆の生産が可能となりました。

15-16年クロップの生産量はごくごく少量ではございますが、販売の準備が整いました。

過酷な環境で耐え抜いた木から生産されたコーヒー豆は花のように甘く爽やかな香り。

ドライマンゴーやイチジク、熟した梅ジャムのような風味に滑らかで繊細な触感。

透明感のある綺麗な味わいが絶妙なバランスでまとまり、実に素晴らしい出来です。

まだまだ若木でありますので、年月を追うごとに更に良いコーヒーが出来ると思うと今後が楽しみでなりません。

末永くお付き合いしたい農園と思っております。是非一度お試しくださいませ。

今回は、商品化までに多大なコストがかかっているため、プレミアムをつけて生豆を購入致しております。

本来は100gで800円〜900円台の価格での販売を予定いたしておりましたが、多くの方にそんな情熱農園主の育てたコーヒーを楽しんで頂きたく、特別な価格でご紹介させて頂きたいと思います。

コスタリカ / ジャサル (中深煎り)



 100g / 680円(税込)
   00g 

 1目瞭然! ひとで分かる香味表!
酸味 ★★★★★★★★★★ 桃やみかんのような穏やかな酸味
苦味 ★★★★★★★★★★ 口の中に広がるやさしく甘みを伴った苦味
香り ★★★★★★★★★ 甘く花のような爽やかな香り
コク ★★★★★★★★★★ 透明感がありながらも粘性のある豊かなコク
後味 ★★★★★★★★★ 透明感がありスッキリとした後味

農園名:ジャサル Finca Yasal
農園主:エミリオ・ガンボア
所在:サン・ホセ州レオンコルテス市サンパブロ
標高:2,050-2,100m
規模:50ha
精製:ウォッシュト
品種:カトゥアイ

楽しみ方
ドリップ、コーヒープレス、サイフォン、パーコレーター等で美味しく飲んで頂けます。


<<前のページにもどる


△このページのトップへ