珈琲工房 ほろにが
トップページ商品一覧送料/配送よくある質問店舗案内お問合わせ


ミャンマー_ユアンガン_中深煎り
今回ご紹介するのは、東南アジアのミャンマーのユアンガン地区のコーヒーです。

ミャンマー(旧ビルマ)はインド、バングラデシュ、中国、ラオス、タイと国境を接します。首都はネピドー、公用語はビルマ語、通貨はチャットとなります。

味わいはカカオやナッツのような甘い香りに、ディーツや干し柿やナツメグの風味。優しく角の無い酸はどこかホッとするような味わいです。

栽培はユアンガン地区に住む小農家さんが熟度の高いチェリーを手摘みし、精製所に持ち込みます。

精製所に集められたコーヒーチェリーは、ディスクパルパー(果肉除去機)により、果肉とパーチメントと呼ばれる外皮の付いた生豆に分けられます。

その後、パーチメントは比重の選別を行った後に水槽に浸けられ、果肉の滑りをマシーンで綺麗に洗い流します。洗浄されたパーチメントは、棚干しの天日乾燥でじっくりと水分を抜いていきます。

穀物専用のパックの封を切ると、エメラルドグリーンで均一に揃った綺麗な豆で、非常に丁寧に作られたのがうかがい知れます。

コーヒーの栽培としては、まだ経験の浅い東南アジアにしてこれだけの高い精製レベルに均一性と予想を超える仕上がりとなっております。

これからも生産が増えていくであろうアジア地域のコーヒー。研ぎ澄まされ、洗練された中米のスペシャルティコーヒーとは異なり、何故かほっこりとしたちょっぴりカジュアルなミャンマーのコーヒー。是非一度お試しくださいませ。
ミャンマー_ユアンガン_中深煎り
 100g / 680円(税込)

00g
生産者:ユアンガンの小農家
所在:シャン州ダヌ自治区ユアンガン郡区
標高:1,400-1,600m
品種:カトゥーラ、カトゥアイ、サンラモン、S795
収穫:選択的に手収穫
精製:ウォッシュト
乾燥:棚干し天日乾燥
保管:国内定温倉庫

こんな味わいのコーヒーです。
酸味 ★★★★★★★ 優しいくかどの無い酸味
苦味 ★★★★★★★ 口の中に広がるやさしく甘みを伴った苦味
香り ★★★★★★★ チョコレート、キャラメル、甘いスパイス
コク ★★★★★★ 心地よい豊かなコク
後味 ★★★★★★★ 長く心地よい後味
 

煎り具合によるコーヒー選び

all right reserved