珈琲工房 ほろにが
トップページ商品一覧送料/配送よくある質問店舗案内お問合わせ

コスタリカ_エル・ハルディン
コスタリカ_エル・ハルディン_ナチュラル_中煎りから中深煎り
コスタリカ_エル・ハルディン


今回ご紹介させて頂きますのは、コスタリカ サンホセ州タラス市にあるまだ新しい農園です。

コスタリカのスペシャルティコーヒー生産地と言えば、レオンコルテス、ドタ、そして今回の大御所タラス地区となります。

今回の農園はタラスの中でも標高1,950-2,100mと超高地で栽培されました。

近年2,000m級の標高の農園を次々ご紹介させて頂いておりますが、この標高での栽培は、気温、水の確保、強風と非常に厳しい環境であり20年前では想像も出来ませんでした。

生産者はドン・マジョマイクロミルを運営するボニージャ・へレクト氏とその息子たち。

近隣農園も高地過ぎて誰も手を出さ無かった農地を、根っからのコーヒー一家であるボニージャ家が2013年にゼロからの開拓で農園を開きました。

地盤が柔らかくさらさらとした牧草地に道を作り、段々畑を作り土砂の流出を防ぐための草花木の植栽。

品種は、過酷な環境でもしっかりと根を張らすことが可能なビジャサルチ種とゲイシャ種。今回販売するのはビジャサルチ品種です。

太平洋・大西洋双方から湿った大気が押し寄せ、霧や雨、強風をもたらす厳しい環境の中、冷温でじっくりと熟したチェリーははち切れんばかりに見事に完熟になります。

このチェリーを手摘みし、果肉を付けたままドライフルーツのように棚の上で丁寧に乾燥させた乾いたチェリーを脱殻。

脱殻した生豆は粒を揃えるスクリーン選別、比重選別2回、最終検査で手選別仕上げております。

粉を挽いた香りはチョコや甘いスパイス香に包まれます。お湯を注いだ瞬間から広がる洋酒を思わせる芳醇な香り。

熟した果物の豊かで粘性のある甘みに華やかさを兼ね備えており、ナチュラルらしい派手な香りや味の密度も感じさせつつ、余韻の上品さが素晴らしいく品の良いナチュラルと言えます。
コスタリカ_エル・ハルディン_ナチュラル_中煎りから中深煎り
100g/ 780円(税込)

00g
農園名:エル・ハルディン
所有:ボニーラソリス Bonilla Solis
所在:サン・ホセ州タラス市ハルディン
標高:1,950-2,100m
規模:15ha
精製:ナチュラル
品種:ビジャサルチ

こんな味わいのコーヒーです。
酸味 ★★★★★★★ プルーンや温州みかんのような穏やかな酸味
苦味 ★★★★★★★ かどの無い甘みを伴った苦味
香り ★★★★★★ チョコや甘いスパイスや熟した果実の香り
コク ★★★★★★★ 透明感がありながらも粘性のある豊かなコク
後味 ★★★★★★★ 透明感がありスッキリとした後味
 

煎り具合によるコーヒー選び