珈琲工房 ほろにがへこうこそ! 栃木県小山市の自家焙煎店 珈琲工房 ほろにが 栃木県小山市卒島824
TEL/FAX 0285-37-1143
 トップページ Top  インフォメーション Information  ネットショップ Net Shop  ブログ Blog  メールマガジン Melmaga  よくある質問 FAQ  サイトマップ Site Map
トップページ
初回限定 お試しセット
プロが選ぶ旬なコーヒーセット
お任せセットプレミアム登場!
人気のお任せセットのハーフサイズ♪
Link
Link
トップレベルのスペシャルティコーヒーを!
世界に一つ。ほろにがの贅沢ブレンド
Link
Link
ドリップバッグ
飲み比べ
夏季限定商品です。
Link
Link
ありがとうの気持ちを伝えてみませんか?
あれば便利♪オススメ器具とグッズの紹介!
手作りグッズ
簡単楽しいコーヒーセミナー
Link
Link
お店の紹介です!
日々の出来事を感じるままに。
コーヒー情報館
メールマガジン-ほろにが通信
毎月チャンスのコーヒープレゼント
Link
Link
JYMBO!CLUB
フォトギャラリー
特定商取引表示
送料&梱包など
Link
Link
お役立ちコーヒーリンク集
お問合せ
Link
Link

RSS1.0 | RSS2.0 | ATOM
ウツカペとは?
 Good Inside (旧ウツ・カペ)とは?
ウーツ・カペ ロゴーヒー・サプライチェーンはとても複雑です。「顔のみえるコーヒー」「コーヒーの履歴書」:誰が生産し、そしてどのように栽培しているのかと言う情報を入手するには困難です。

では、販売しているコーヒーが実際環境にやさしく、効率的に栽培されていると保障できるのでしょうか?

その問いに”Utz Kapeh”がお答えします。当基金は独立した基金であり、安全で信頼性の高いコーヒーを認定する機関として、世界中にイニシアチブをもつ先駆的な存在です。”Utz Kapeh”はコーヒーブランドではありません。それは、認定プログラムです。当基金は、栽培農家や環境に配慮しながら、コーヒーの安全性を保障するプログラムなのです。当基金の認定プログラムは環境や社会に配慮した国際基準にみあうコーヒーをお客さまに保障します。
 1、Utz Kapehとは何か?
”Utz Kapeh”とは安全性・信頼性の高いコーヒー製造業者の皆様の為の認定プログラムを業務としています。さらに、コーヒー製造業者の皆様と、焙煎業者の皆様の双方の付加価値をクリエイトするサポートもしております。
 2、Utz Kapeh認定済み珈琲とは何か?
独自の管理基準”Utz Kapeh Coda of Conduct”に沿って生産されています。こうして生産されたコーヒーは社会・環境に最適な業務活動や効率の良い生産農家運営の要求を満たすものです。
 3、Utz Kapehはどのように機能するのか?
管理認定基準に沿ったコーヒー製造業者は、”Utz Kapeh”の認定を取得します。認定を獲得した業者からの購入によって、コーヒー銘柄は原産地の安全と信用を獲得します。モニタリング・システムによって、認定済みコーヒーの経歴や履歴を全て把握する事ができます。
 4、Utz Kapehの認定がなぜ必要なのか?
○安全性と信頼性の高いコーヒーの製造の再認識
○”Traceable”つまりコーヒーの履歴が追跡できるコーヒーチェーン
○新しいマーケット・オポチュニティーの創造
○より良い取引条件
 5、Utz Kapeh認定済みコーヒーの価格設定は?
”Utz Kapeh”認定済みコーヒー価格契約は、売り手と買い手の交渉によって決定されます。”Utz Kapeh”はいかなる価格交渉にも介入しません。”Utz Kapeh”認定は、コーヒー製造業者にさらに良い条件を獲得してもらため、権限を委譲しています。認定済みの安全・信頼のコーヒーは適正価格で取引されるべき商品だからです。

                 http://www.utzkapeh.org/ HP参照

文化学会にて”Utz Kapeh”はマヤ語で”よいコーヒー”の意味。他に独立・主流・透明・市場煽動という意味も含まれる。コーヒー製造業者や銘柄を、世界標準で安全・信頼性の高い製品にするプログラムで、現在世界で13ヵ国で生産、8ヶ国で消費されている。品質の側面からコーヒーを認定し、トレサビリティを明確にしている。 1997年グァテマラで設立され、現在ガテマラ、オランダにオフィスがあ る。SCAAの会長クリスチャン氏がガテマラの代表になっている。


右はアトランタ・カンファレンスの総責任者・現SCAAの会長クリスチャン氏。左は株)ゼラード珈琲ブラジル駐在事務所代表 山口彰男氏。


 <<前のページにもどる


△このページのトップへ