珈琲工房 ほろにがへこうこそ! 栃木県小山市の自家焙煎店 珈琲工房 ほろにが 栃木県小山市卒島824
TEL/FAX 0285-37-1143
 トップページ Top  インフォメーション Information  ネットショップ Net Shop  ブログ Blog  メールマガジン Melmaga  よくある質問 FAQ  サイトマップ Site Map
トップページ
初回限定 お試しセット
プロが選ぶ旬なコーヒーセット
お任せセットプレミアム登場!
人気のお任せセットのハーフサイズ♪
Link
Link
トップレベルのスペシャルティコーヒーを!
世界に一つ。ほろにがの贅沢ブレンド
Link
Link
ドリップバッグ
飲み比べ
夏季限定商品です。
Link
Link
ありがとうの気持ちを伝えてみませんか?
あれば便利♪オススメ器具とグッズの紹介!
手作りグッズ
簡単楽しいコーヒーセミナー
Link
Link
お店の紹介です!
日々の出来事を感じるままに。
コーヒー情報館
メールマガジン-ほろにが通信
毎月チャンスのコーヒープレゼント
Link
Link
JYMBO!CLUB
フォトギャラリー
特定商取引表示
送料&梱包など
Link
Link
お役立ちコーヒーリンク集
お問合せ
Link
Link

RSS1.0 | RSS2.0 | ATOM
焙煎(ロースト)とは何なの?
 焙煎(ロースト)とは何なの?
焙煎とは、コーヒーの生豆を、火力によって煎りあげるプロセスをいいます。コーヒー豆は、生の状態では香りは青臭く味も美味しくありません。焙煎を行うことで、コーヒー豆の持つ本来の味と香りを引き出すのです。

焙煎後の豆は、一見するとどれも同じように見えます。しかし、目を凝らしてよく見てみると、良い豆と悪い豆の違いが分かるはずです。

焙煎が完璧に施された豆は、一粒一粒が均一の大きさにふくらみ、豆の表面のしわが、きれいに伸びているのが特徴です。
 焙煎の度合いと特徴
当店の焙煎では大きく分けると、中煎り・中深煎り・深煎り・深深煎りの4段階があります。それを、さらに分けると下の8段階に分かれます。しかし、これらの正しい判断基準がなく、個々の店舗により香味が異なります。

ミディアムローストを浅煎りというお店も沢山あります。その辺の曖昧さが、コーヒーを選ぶ時に問題となってしまう事も多いと思います。

下記に示したものは当店の判断の煎り具合です。(もちろん他店とは若干異なると思います)基準は、焙煎の時間と温度と色と味のバランスで決めています。通常の豆である場合は、どんな豆種です中煎りでは酸味が強く、深煎りでは苦味が強くなります。
 焙煎豆の色の変化


ミディアム・ロースト (中煎り)


色は栗色で苦味よりもサッパリ・スッキリとした酸味と、柔らかな苦味を感じる焙煎です。

オススメ!⇒ ピュアブレンド


ハイ・ロースト (中煎り)


色は明るい褐色で、ミディアムローストより少しコクが出て、まろやかになります。やはり中煎りですので、爽やかな酸味と柔らかな苦味を感じる焙煎となります。

オススメ!⇒ サラリブレンド
ナチュラルブレンド


シティ・ロースト (中深煎り)


色はやや黒い褐色になり更にコクが増し、酸味と苦味のバランスの良いコーヒーです。当店でカッピング(テースティング)をする場合、主にこちらの焙煎となります。

オススメ!⇒ スイートブレンド


フルシティ・ロースト (中深煎り)


シティーローストより若干色は黒っぽくなります。十分なコクがあり、まろやかな苦味を伴う焙煎です。イタリアのエスプレッソなどにも利用される焙煎です。日本では若干酸味のあるエスプレッソに仕上がります。

オススメ!⇒ まろやかブレンド


フレンチ・ロースト (深煎り)


豆は黒い褐色になり豊かなコクや香り、苦味が楽しめる焙煎です。ハゼの絶頂のタイミングで釜だしが基本と成っておりますが、豊かな酸味と透明感ある味わいですので、上品な苦味に感じていただけると思います。当店の最も人気のある焙煎です。

オススメ!⇒ なごみブレンド
ほろにがブレンド
ビターブレンド


イタリアン・ロースト (深深煎り)


最も深い煎り方の特濃ブレンド。フレンチローストの深めのプレミアムブレンド。色は黒い褐色で表面に油が浮き出てきます。苦味が強く、アイスコーヒー、カフェオレ、カプチーノ等に良く合います。深い味わいがお好みのお客様には、ホットもで美味しく飲んでいただけます。

オススメ!⇒ プレミアムブレンド
特濃ブレンド
※これらの写真は、画像編集したものです。


<<前のページにもどる


△このページのトップへ