珈琲工房 ほろにがへこうこそ! ほろにがの店舗紹介 栃木県小山市卒島824
TEL/FAX 0285-37-1143
 トップページ Top  インフォメーション Information  ネットショップ Net Shop  ブログ Blog  メールマガジン Melmaga  よくある質問 FAQ  サイトマップ Site Map
トップページ
初回限定 お試しセット
プロが選ぶ旬なコーヒーセット
お任せセットプレミアム登場!
人気のお任せセットのハーフサイズ♪
Link
Link
トップレベルのスペシャルティコーヒーを!
世界に一つ。ほろにがの贅沢ブレンド
Link
Link
ドリップバッグ
飲み比べ
夏季限定商品です。
Link
Link
ありがとうの気持ちを伝えてみませんか?
あれば便利♪オススメ器具とグッズの紹介!
手作りグッズ
簡単楽しいコーヒーセミナー
Link
Link
お店の紹介です!
日々の出来事を感じるままに。
コーヒー情報館
メールマガジン-ほろにが通信
毎月チャンスのコーヒープレゼント
Link
Link
JYMBO!CLUB
フォトギャラリー
特定商取引表示
送料&梱包など
Link
Link
お役立ちコーヒーリンク集
お問合せ
Link
Link
買い物カゴ

RSS1.0 | RSS2.0 | ATOM
偉そうに店長なんて言っても、マスターと2人民家で経営する小さなお店です^_^;ん○○は!「店長おすみ」ともうします。珈琲工房ほろにがは、2001年11月に、築30年以上の民家の一室を二人で改装し経営する、小さな小さな珈琲豆屋です。大手のコーヒーやさんの様に大量生産は出来ません。可愛いロゴ入りの袋も無く、パンフレットも手作りの物です。。。。

しかし、産地・収穫年・品種・亜種・精製方法・農園等を指定した、世界トップレベルの生豆を使用し、手間を惜しまず丁寧に焙煎・ハンドピックを行い、心を込めて包装、発送いたしております。

粗末なお店ですが、「日本一美味しいコーヒーを提供したい」と言う気持ちは誰にも負けません。「多くのお客様に、コーヒーとはこんなに美味しい飲み物なのだ!」と言う感動と楽しさを味わって頂ければ幸いです。
店主 小島伸久・澄子  
HPの歩き方
焙煎機です。アップで見ると機関車みたいです♪在のコーヒーの進化は極めて早く進んでおります。その為に誤った情報や、昔の情報が氾濫し、よりお客様に誤解を招くような結果となっております。

当工房では、「よりコーヒーを正しく理解していただきたい」との思いから、農園や産地、品種等の把握しているコーヒー情報を、可能な限りオープンにしていきたいと思っております。

コーヒーについて、商品について等々、何かご不明な点ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
香味の説明について
グァテマラのカッピング風景 ジュゥと吸って吐きだします。コーヒーは非アルコール飲料中で最も飲用されている飲み物ですが、一般的に通用する表現方法は非常に乏しく、上手くお伝え出来ないジレンマがございました^_^;

今回のHPリニューアルを期に、アメリカスペシャリティーコーヒー協会(SCAA)の最先のカッピングフォームに基づき、厳密にカッピング致しました!

また、お客様の立場にたって、コーヒーメーカー、コーヒープレス、ペーパードリップ、粗挽き等々の多岐に渡るシチュエーションを考慮し、コーヒーのキャラクターを紹介致しております。まだまだ馴染みの無い表現方法ですが、新たなコーヒーの発見にお役立て出来たらと思っております。

また香味の表現に付きましては、coffee taster's flavor wheelを基に当工房の基準を作り、人種の感じ方を考慮し、なるべく日本語で分かりやすく書くように致しました。

  例) 香味表
 酸味

★★★★☆☆

清々しい・・

⇒酸味については下記参照
 苦味

★★☆☆☆☆

口の中で・・

⇒苦味が強いか弱いか。また、苦味の質についてです。
 香り

★★★★★☆

芳醇な・・

⇒コーヒーの臭いでは無く、香りの「質」を明記しております。
 コク

★★★★★☆

甘みを伴・・

⇒濁り感や重い香味では無く濃度(粘質)を表します。
 後味

★★★★☆☆

繊細で心・・

⇒イガイガした嫌な後味ではなく、心地よい余韻を指します。
酸味(Acidity)について

コーヒーの麻袋!国によって質がチョットずつ変わります。「モカってすっぱいよねぇ!」「キリマンはスッパオから嫌い」そんな話をよく耳にします。しかし、好みにもよるのですが、酸っぱいから嫌いとおっしゃる方の大部分は、不幸にも古くて酸化したコーヒーを飲んでしまった方がすごく多いんです。

そりゃぁコーヒーは生鮮食品です。古くなり酸化したら、嫌な酸味があり飲めなくても不思議ではありません。リラックス効果も半減ですし、体にだって良くないはずですす・・・。一度飲んだらもう嫌なスッパイコーヒーなんか飲みたく無い!なんて気持ちよく分かります。私も古くて酸化したスッパイコーヒーは嫌いです。

しかし、酸にはイロイロな酸があるのです!リンゴや苺・オレンジ・葡萄などなど、みんな心地よい酸味を持っています。コーヒーにだってフルーティーな酸味や、ヨーグルトのような乳酸系のような心地よい酸が存在すます。


完熟したコーヒーチェリー!フルーティーな酸味はここから産まれる。この酸がないとコーヒーの価値は上がりません。酸味があってこそ、濃厚なコクや奥行きがうまれるのです(^ー^* )深煎りの苦味のあるコーヒーにも、豊かな酸が無かったら、苦いだけのコーヒーになってしまいます。

香味の最重要部分を担う「酸味」。その酸の『質』をお伝え出来たら、「もっと楽しいコーヒータイムが過ごせるのでは!」と思い、コーヒーの説明では、必ず酸の『質』を説明しております。

お店の風景



詳しい地図はこちら
ここからが難問!気お付けて(*^。^*)


<<前のページにもどる


△このページのトップへ